メニュー


オススメ紹介


とらばーゆ看護
女性ための看護師求人サイト。登録不要で看護師・助産師・保健師などの求人を紹介しています。

ナース人材バンク
転職実績の高い看護師求人・転職支援サイト。地域専任のコンサルタントが転職支援。

看護師の求人・転職・募集情報なら【看護師プロ】
看護師求人情報の提供や、専属カウンセラーによる転職サポートなどを受けられるサイトです。

トップページ

もし含むとすれば、Aという治療法を選べば治癒確率は八割だが私費負担は二〇万円。Bという治療法を選べば治癒確率は四割に落ちるが、負担は五万円に留まる、という形で提示されることになる。このような商取引の形態を医療に持ち込むことを国民が望むかどうかは別としても、追加費用の負担によって得られるのは治癒する確率の改善であり、自動車の附属部品のような形のある物ではない。

患者は一般に危機回避の行動をとるので、特に医師が勧めた場合にはAを選ぶことになろう」(『社会保険旬報』2003年5月21日号)医師1ーセールスマンになることを、一般の国民は望むだろうか。所得格差医療へ規制改革会議が主張する混合診療の第二の「落とし穴」は、いったん最低限の公的医療と追加的な自由診療を定めたら、その区別が固定化されるという点だ。医療ワーキング・グループの論客・八代尚宏氏は『規制改革』(有斐閣)で、自由診療に「保険を適用しないという単純なルール」は「永続的なもの」と述べている。

これこそ、混合診療を警戒する最大のポイントであり、市場を拡大させるための装置だ。誰しも、高度医療の安全性、有効性が保証されれば、安い保険診療で受診したいと願う。しかし、それが不可能となれば、混合診療における自由診療の範囲が広がるほどに下支えする保険診療も増大する。一方、必要最低限の保険診療は縮小し、自由診療を選べない層は低図表8混合診療解禁で「所得格差医療」へ劣な医療を強いられる結果となる。この見方を整理したのが、次の図表8である。一般の患者は、自由診療を受診できる層と必要最小限の保険診療しか受けられない層に二極分化する。

年齢的なものだからと諦めてしまいがちな更年期障害ですが、症状が軽い初期のうちに生活を改善してみましょう。栄養のバランスが取れた食事、ストレスをためない工夫など自分で対策をとることが重要です。
お腹の調子を整える効果がある酵素ドリンクで、私のお腹の調子も良くなりました。これまでずっとお腹が弱い事が悩みだったため、このドリンクに出会えた事にとても嬉しく感じます。
湘南美容外科クリニックは、わきが 京都でお悩みの方にぜひオススメしたい美容クリニックです。レーザーデオドラント法やマイクロシェービング法による効果的な施術を受けることが出来ますよ。
顔にコンプレックスがある人は早めにクリニックへ相談しに行った方が良いですね。例えば鼻 整形 大阪府下一円には高い技術を持つ医師が多くいると評判ですのでおすすめします。
安心安全で確実な美容治療とアンチエイジングなどの美肌治療を受けられるクリニックが美容皮膚科 名古屋です。インターネットの口コミでも評判が良かったです。
完全個室の治療室のある、蒲田西口 歯科に行ってきました。他の患者さんの目を気にすることなく相談や治療ができたので、精神的にかなりラクでしたよ。
大阪府内の福祉専門学校に通っています。わたしの学校では、毎年高槻 有料老人ホームなどにボランティア実習に行って、実際の経験を積みに行っています。
高槻市内にある老人ホーム 高槻では、60歳以上、元気なうちからでも入居ができる大規模な老人ホームです。高級マンションのような、素敵な設備が揃っています
市内に多数の山々があり、鮮やかな緑の広がる高槻市 介護施設もそのような場所にありますから、自然に囲まれて生活をしたいというお年寄りには最適な条件です。

おすすめ記事

自由診療保険のCMが、医療保険分野への「宣戦布告」だというのは、こういう医療市場化の潮流に乗っているからである。この決戦は、医療を「平等」に維持したいとする勢力と、そこに「自由」の概念を持ち込んで富裕層が高度医療をもっとリーズナブルに受けられるべきだとする勢力の激突とみられる。

米国でのビジネス経験がバックボーンである宮内議長の意識は、常に太平洋の向こう側に飛んでいる。「僕は前から日本はアメリカに向かって走れ、と言ってるんだ。ただアメリカに上陸する必要はない。中間のハワイぐらいが極楽や、と」(『文藝春秋』2005年1月号)その市場原理と自由の国の医療現場を生々しく語ってくれる人物がいる。前出(60頁)の李啓充氏(『市場原理が医療を亡ぼす』医学書院)の言葉に耳を傾けよう。

新着情報

2013/05/15
おすすめ記事を更新しました。
2013/05/11
新着記事を更新しました。
2013/05/10
ペースメーカーを更新しました。
2013/05/07
特定療養費制度を更新しました。
2013/05/05
強烈なメッセージを更新しました。
2013/05/03
保険診療との併用を更新しました。
2013/05/02
治癒率によって医療費が変わるという場合、あなたならどうする?を更新しました。
2013/04/29
ホームページをリニューアルしました。